内科で働く看護師について

内科の看護師どういった働き方をしているのでしょうか。
内科というのは 患者さんが悪くなり その患者さんに薬を出したり あるいはバランスのとれた食事をとってもらいそれで病状を改善させていくところでもあります。
基本的には、お薬によって患者さんの病気や不調を治療していくという形になります。よく「外科か内科かどちらの科に診てもらえばよいのか分からない」といったことを一般の人から聞くことがありますが、お薬の投薬によって治療を進めていくのであれば内科、外科的処置(体の外部からの処置や身体にメスを入れることによって治療をしていく)のであれば外科ということになります。そういう点では、内科というのは薬剤師と親和性の高い科であるとも言えます。
さて内科に来る患者さんというと、たとえば たとえば 日頃の無理がたたって 心臓や胃腸を痛めてしまった人などといった 体の内部の臓器に異常がしょうじた人が内科で治療をすることになります。内科での治療する病気の特徴としては 薬を一回のめばそれで治療が終了、病気が快復、というわけにはいかないということです
大体の場合は 薬を長く伸び続けることが必要になります。
あるいは健康的 な食事を心がけて 規則正しい生活することといた努力を続けていくことが必要になってきます。
今までの習慣を改めて、規則正しい生活を続けていくというのは案外難しいものです。入院生活ならまだしも特に在宅での治療となった場合はそれが顕著に出てきます。
継続的なお薬の服用と規則正しい生活をけいぞくして、治療を続けていく必要があるのです
看護師はそうした患者さんをサポートしながら症状の改善にみちびいていくといた役割を担っています。