小児科で働く看護師の業務について

小児科というのはその名前の通り 子どもの病気を倒すところです
そして小児科で働く看護師をたくさんいます
子どもの看護で注意しなければならないのは 子供本人はまだ自分の悪いところを
大人ようにうまく書くには 説明できないということです
だから看護師には 子供がどういうことで苦しんでるのか
という想いを感じ取る力が求められます
例えば 子供が泣いたりしたら それはどうして泣いたのか、痛いから泣いているのか
あるいは寂しいか不安だから泣き出したのかなどについてそのこどもの症状や仕草から
感じ取る事が大切なのです
時にはうまく質問をして聞き出すのも大切でしょう
そして小児科に特徴的なのが他の科よりも家族の協力がかかせないということです
子どもの病気のときは たいていの場合 親同伴していることでしょう
そして 不安が募って興奮して看護師や医師につめよってくる親がいないわけではありません
子供よりも親方が興奮してくるということも実際少なくありません
そうした様々な 親とも迎えなければならないというのは 小児科の特徴でもあります