産婦人科で働く看護師の業務について

産婦人科の仕事というのは大きく二つに分かれます
それは産科としての業務に携わることともう1つは婦人科としての業務です。
産科というのは妊娠した女性 或いは出産する女性ので助けを するところですね
産科の仕事については、看護師であることに加えて助産師として
業務に携わるということが多いと思います。
もうひとつは 婦人科としての仕事ですが 婦人科としての看護師の仕事としては
女性特有の病気、疾患に対応する治療へのサポート・ケア業務を行うところです
この科の一番の特徴としては やはり産科にかかわる部分が大きいですが、
赤ちゃんが無事に生まれた時に その赤ちゃんが生まれたことに対して 母親や父親と一緒に喜ぶことができることです。
そして元気になった患者さんが退出する時の喜びというのはまたこちらは格別です
ただしときどき中には 生まれて間もなく息を引き取ってしま赤ちゃん
そして障害をもって生まれてくる赤ちゃんもいます
その時の母親の 心の乱れ 或いは精神的な 不安定さというのは想像にかたくありません
そんな時に母親をきちんとケアすることの方も看護師として大切なことなのです
産婦人科で働く看護師てるのは産科として業務に携わる看護師の部分と
婦人科として業務に携わる看護師の部分の大きく二つに分かれるということです