精神科で働く看護師の業務について

精神科で働くというのは 難しいところで、精神科で働くのは苦手だという看護師たくさんいます
もちろんどの科でも難しさはたくさんあって「ここの科は苦手だな」というところを持つ看護師は多いのですが
精神科については その病状が目に見えない分 難しいと感じる看護師が多くいるようです
そして精神科で働くことの難しさとしては一つは患者さんの気分が不安定なということもあります
患者さんの心が乱れやすい状態になっているために、通常であればなんでもないことが患者さんの気に障り
怒りだしてしまったり、時には暴れだしてしまうこともあります。大の大人が暴れだすとそれは周りも危険な状態になってしまいます。
精神科の仕事は 心のバランスをくずた患者さんが その心の立ち直りを為にいろいろサポートしてくことになりますがそこに至るにはなかなか簡単ではなくにすぐに治っておくものではありません
ある程度長い時間かけてじっくり階段を一歩一歩 上がってくるように 治療していくのが一般的です
そして心の病気というのは目に見える病気では無いので自分が良くなっているかうのがなかなかわかりづらいものです
医師や看護師の方でも患者さんを注意深く見ていく必要があります
患者さんの方で 自分が良くなってるという実感が持てないために今まで地道に頑張ってきたもの
急に投げ出してしまうこともよくあるのです
精神科での業務では治療している患者さんを信じながら丁寧に患者さんをケアしていく、辛抱づよくサポートしていく忍耐強さがかかせないのです。