耳鼻咽喉科で働く看護師の業務について

耳鼻咽喉科で 働く看護師がいます
では耳鼻咽喉科で働く際の業務内容とはどういったものなのでしょうか
耳鼻咽喉科とは言うまでもなく、耳・鼻・ノドの不調、あるいはその病気を治すところです
ここにくる患者さんの多くは風邪であるとか あるいは病気で鼻やノドがおかしい、または中耳炎になったので見て欲しいという患者さんなのですが
中には耳やノドがやられて聞くことや話すことがしにくい患者さんもいます
耳の病気そして喉の病気 発生する事で聞くこと話すことが出来なくなることもあるのです
その場合は患者さんは話したり聞くことができなくなりますので
コミュニケーションを取るのが難しくなってしまいます
看護師の業務は通常であれば患者さんと会話をして症状をたしかめていくということが多いですが
耳やノドがやられてしまっている患者さんについてはそうしたことができないのです。
その場合には身振りや手ぶり、あるいは スキンシップでこちらの考えを伝えたり そして逆に患者さんのジ身振りや手ぶり、スキンシップによって患者さんが言いたい事を読み取ってことも必要になってきます
つまりは単純に話しをして患者さんとコミュニケーションをとる というよりも双方のボディランゲージを利用ながら全身で患者さんの言いたいことを読み取り伝えていくというコミュニケーションも必用なってくる場合があるのです。これが耳鼻咽喉科での業務の特徴です。