カテゴリー別アーカイブ: 職場

精神科で働く看護師の業務について

精神科で働くというのは 難しいところで、精神科で働くのは苦手だという看護師たくさんいます
もちろんどの科でも難しさはたくさんあって「ここの科は苦手だな」というところを持つ看護師は多いのですが
精神科については その病状が目に見えない分 難しいと感じる看護師が多くいるようです
そして精神科で働くことの難しさとしては一つは患者さんの気分が不安定なということもあります
患者さんの心が乱れやすい状態になっているために、通常であればなんでもないことが患者さんの気に障り
怒りだしてしまったり、時には暴れだしてしまうこともあります。大の大人が暴れだすとそれは周りも危険な状態になってしまいます。
精神科の仕事は 心のバランスをくずた患者さんが その心の立ち直りを為にいろいろサポートしてくことになりますがそこに至るにはなかなか簡単ではなくにすぐに治っておくものではありません
ある程度長い時間かけてじっくり階段を一歩一歩 上がってくるように 治療していくのが一般的です
そして心の病気というのは目に見える病気では無いので自分が良くなっているかうのがなかなかわかりづらいものです
医師や看護師の方でも患者さんを注意深く見ていく必要があります
患者さんの方で 自分が良くなってるという実感が持てないために今まで地道に頑張ってきたもの
急に投げ出してしまうこともよくあるのです
精神科での業務では治療している患者さんを信じながら丁寧に患者さんをケアしていく、辛抱づよくサポートしていく忍耐強さがかかせないのです。

耳鼻咽喉科で働く看護師の業務について

耳鼻咽喉科で 働く看護師がいます
では耳鼻咽喉科で働く際の業務内容とはどういったものなのでしょうか
耳鼻咽喉科とは言うまでもなく、耳・鼻・ノドの不調、あるいはその病気を治すところです
ここにくる患者さんの多くは風邪であるとか あるいは病気で鼻やノドがおかしい、または中耳炎になったので見て欲しいという患者さんなのですが
中には耳やノドがやられて聞くことや話すことがしにくい患者さんもいます
耳の病気そして喉の病気 発生する事で聞くこと話すことが出来なくなることもあるのです
その場合は患者さんは話したり聞くことができなくなりますので
コミュニケーションを取るのが難しくなってしまいます
看護師の業務は通常であれば患者さんと会話をして症状をたしかめていくということが多いですが
耳やノドがやられてしまっている患者さんについてはそうしたことができないのです。
その場合には身振りや手ぶり、あるいは スキンシップでこちらの考えを伝えたり そして逆に患者さんのジ身振りや手ぶり、スキンシップによって患者さんが言いたい事を読み取ってことも必要になってきます
つまりは単純に話しをして患者さんとコミュニケーションをとる というよりも双方のボディランゲージを利用ながら全身で患者さんの言いたいことを読み取り伝えていくというコミュニケーションも必用なってくる場合があるのです。これが耳鼻咽喉科での業務の特徴です。

産婦人科で働く看護師の業務について

産婦人科の仕事というのは大きく二つに分かれます
それは産科としての業務に携わることともう1つは婦人科としての業務です。
産科というのは妊娠した女性 或いは出産する女性ので助けを するところですね
産科の仕事については、看護師であることに加えて助産師として
業務に携わるということが多いと思います。
もうひとつは 婦人科としての仕事ですが 婦人科としての看護師の仕事としては
女性特有の病気、疾患に対応する治療へのサポート・ケア業務を行うところです
この科の一番の特徴としては やはり産科にかかわる部分が大きいですが、
赤ちゃんが無事に生まれた時に その赤ちゃんが生まれたことに対して 母親や父親と一緒に喜ぶことができることです。
そして元気になった患者さんが退出する時の喜びというのはまたこちらは格別です
ただしときどき中には 生まれて間もなく息を引き取ってしま赤ちゃん
そして障害をもって生まれてくる赤ちゃんもいます
その時の母親の 心の乱れ 或いは精神的な 不安定さというのは想像にかたくありません
そんな時に母親をきちんとケアすることの方も看護師として大切なことなのです
産婦人科で働く看護師てるのは産科として業務に携わる看護師の部分と
婦人科として業務に携わる看護師の部分の大きく二つに分かれるということです

小児科で働く看護師の業務について

小児科というのはその名前の通り 子どもの病気を倒すところです
そして小児科で働く看護師をたくさんいます
子どもの看護で注意しなければならないのは 子供本人はまだ自分の悪いところを
大人ようにうまく書くには 説明できないということです
だから看護師には 子供がどういうことで苦しんでるのか
という想いを感じ取る力が求められます
例えば 子供が泣いたりしたら それはどうして泣いたのか、痛いから泣いているのか
あるいは寂しいか不安だから泣き出したのかなどについてそのこどもの症状や仕草から
感じ取る事が大切なのです
時にはうまく質問をして聞き出すのも大切でしょう
そして小児科に特徴的なのが他の科よりも家族の協力がかかせないということです
子どもの病気のときは たいていの場合 親同伴していることでしょう
そして 不安が募って興奮して看護師や医師につめよってくる親がいないわけではありません
子供よりも親方が興奮してくるということも実際少なくありません
そうした様々な 親とも迎えなければならないというのは 小児科の特徴でもあります

外科で働く看護師について

外科で働く看護師がいます
外科というのは 患者さんの体にある良性・悪性にかかわらず腫瘍といったできものを取り除いたり
あるいは折れた骨を治療したり、あるいは傷ついた筋肉を治療したりするところです
そして代表的なものが手術ですね。手術というのは 患者さんの身体にもかなりきついものです
もちろん医師や看護師といった 手術に拘る 医療関係者にも大変な業務ですが
患者さんの体力的にもきついもので そのために手術が終わって しばらくしてから
体力が落ちる患者さんなどは急に具合が悪くなることがあります
そうしたときに看護師の業務というのは重要になってきます
つまり 患者さんの具合が急に悪くなった時に おどろいて おろしていては
元の看護師は仕事になりません
看護師が 焦ってしまっては患者さんさんの方も余計に不安になってしまいます
患者さんの状況見極めてすばやく、冷静に対応ができることが外科で働く看護師に求められている、ということがいえるのです
外科で働く看護師は、テキパキと行動できる頭の回転の速い看護師が多いと言われることがあります。その背景としては上記にあげたような業務を日々行っているというところがあるのでしょう。
始めからどんな看護師も十分に業務をこなせるという訳ではないでしょうが、日々業務を行っているうちに、看護師自身も成長したという部分も大きいと思います。

内科で働く看護師について

内科の看護師どういった働き方をしているのでしょうか。
内科というのは 患者さんが悪くなり その患者さんに薬を出したり あるいはバランスのとれた食事をとってもらいそれで病状を改善させていくところでもあります。
基本的には、お薬によって患者さんの病気や不調を治療していくという形になります。よく「外科か内科かどちらの科に診てもらえばよいのか分からない」といったことを一般の人から聞くことがありますが、お薬の投薬によって治療を進めていくのであれば内科、外科的処置(体の外部からの処置や身体にメスを入れることによって治療をしていく)のであれば外科ということになります。そういう点では、内科というのは薬剤師と親和性の高い科であるとも言えます。
さて内科に来る患者さんというと、たとえば たとえば 日頃の無理がたたって 心臓や胃腸を痛めてしまった人などといった 体の内部の臓器に異常がしょうじた人が内科で治療をすることになります。内科での治療する病気の特徴としては 薬を一回のめばそれで治療が終了、病気が快復、というわけにはいかないということです
大体の場合は 薬を長く伸び続けることが必要になります。
あるいは健康的 な食事を心がけて 規則正しい生活することといた努力を続けていくことが必要になってきます。
今までの習慣を改めて、規則正しい生活を続けていくというのは案外難しいものです。入院生活ならまだしも特に在宅での治療となった場合はそれが顕著に出てきます。
継続的なお薬の服用と規則正しい生活をけいぞくして、治療を続けていく必要があるのです
看護師はそうした患者さんをサポートしながら症状の改善にみちびいていくといた役割を担っています。

多くの看護師が働く職場について

看護師が働く職場というのはどこがあるでしょうか
パッとすぐに思いつくのは 病院とかクリニックといったところが多いのではないでしょうか
それはもちろん間違いではないです
実際にでも多くの看護職の方が病院やクリニックで働いてますからね
中でも病院で働く看護師というのはかなり多く、
看護師全体の半数近くが働いていると言われています。

ただし看護学校を卒業して入職した病院でずっと働いている看護師はあまりいません。
かなりの看護師が1度以上の転職を経験しています。

そして病院やクリニックで働いてるといてもその業務の内容、
さらには求められる内容というのは職場によって様々です
あるところでは急性期のように忙しい病院がありますし
また あるところでは両洋のようにゆったりと患者さんに触れ合う緩和ケアの職場
職場によって看護師の業務のスタンスは変わってくるのです
そして最近では 訪問看護であるとか あるいは社会福祉施設など
看護師が様々な分野にどんどんと働きに出ています
また学校や企業などでも看護師を必要としてるところはたくさんあります
つまり看護師が働ける職場程度はどんどん広がっているのです
看護師の需要というのはどの高まっているのです
今の職場よりどこか別の職場で働きたいという思いがある場合は
どういう分野で看護師が活躍してるのかと言うのを確認してみるといいかもしれないですね

ただ自分が働いている業界いがいの情報というのは
なかなか入手するのは難しいものがあります。
特に最近は情報の漏えいに各社が気を配っていることもありなかなか情報を得ることができません。
ネットだけの情報だけだとやはり不安があると思います。